住宅ローンを組む時は金利を比較することが第一

住宅ローンを組む上で、非常に大きなウエイトを占めるのが金利です。
住宅ローンはそもそも住宅を購入する代金があまりにも高額で、現金による一括払いが不可能なためローンを組むのです。
ですから、一括払いより利息の分だけ高くつくにはある意味仕方のない事なのです。
ですが金利はどこも同じではないので、できるだけ安いところを探し、比較してみることがポイントになります。
比較して選ぶという行動だけで、場合によっては200万円以上の利息を節約することも可能です。
これだけの金額があれば子供の教育費や老後の資金にかなり役立ちます。
つまり何も考えずに住宅ローンを言われるがままに利用してしまうと、非常に大きな損失を出してしまうことになるということです。
また問題なのは最近の金利が上昇傾向にあることです。
このような状態が続くとローンを組むこと自体難しくなるという可能性も出てきます。
それだけでなく、経済が回復することで物件の価格が高騰することもあります。