ETCカード審査に落ちた人の話

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式は見た目が小さくなり、シート下にしまうため操作性を阻害しない反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を考える方は多いのではないでしょうか。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって様々な方法が用意されています。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが終わるまでの期間に幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない色付きの袋などに入れた後に燃えるゴミとして処分してください。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への電話するなどして確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその利用率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が適用されない区間でも多くの方が経験したことのある料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

自動車免許を取得して友達と車で遠くへ出かける際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

カードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

ここ数年でよくノマドワーカーという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じ流れとなり法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でクレカはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として事務局に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

ガソリンスタンドで申し込めるカードに一体型カードが多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETC無線走行をするときにゲートを通過する際にデビット支払いのように銀行口座から即引き落とされてしまう方法では新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3つに分類され、年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなど条件付きで無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりに発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

オモテ面ウラ面などカードの向きが違うと認識されません。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないといったトラブルが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは